進化するITで貴社の経営を加速する ―

IFRSアドバイザリー

数年後に日本においてもIFRS(国際財務報告基準)の導入が予定されています。そして、国内の会計基準も国際基準に準拠したものに移行しつつあります。
そのような状況において、IFRS導入自体の議論も深まりつつありますが、IFRSが情報システムに与える影響に関する議論も深まりつつあります。
アドバ・コンサルティングは会計と情報システムに関する深い知識と経験で、貴社のIFRS対応をサポートします。

影響度調査
IFRSを構成する各論点(収益認識、固定資産、引当金・・・)ごとに、貴社の業務や会計処理を洗い出し、IFRS導入の影響度を調査します。
この影響度調査により、IFRS導入について「何をすべきか」が明確になり、同時に「何をしなくてもいいか」も明確にすることが出来ます。
IFRS対応計画策定
影響度調査の結果を受けて、IFRS導入により影響を受ける業務プロセスや会計処理を詳細に洗い出し、貴社のIFRS対応計画を作成します。
IFRS導入においては、経理処理の変更でとどまる部分と、業務プロセスや情報システムの変更を必要とする部分を切り分けて対応方法を検討していく必要があります。また、国内基準のコンバージェンスやIFRSの改正が同時に進行していくことを考慮にいれて対応する必要があります。
アドバ・コンサルティングは、会計のみならず、業務プロセス改善やITに深い知識と経験を有しており、貴社の実情に合ったIFRS導入計画を策定することが出来るコンサルティングファームです。
システム対応
IFRS導入は必ずしも情報システムの改修や新規導入をもたらすものではありませんが、場合によっては情報システムの変更が必要な場合が発生します。
そのうな場合に、アドバ・コンサルティングは会計とシステムの両面の知識・経験を踏まえて、貴社に最適なシステム変更案を提案いたします。

アドバ・コンサルティング株式会社
〒103-0027
東京都中央区日本橋2丁目1-17 丹生ビル2階
info@adva-consulting.jp
TEL 03-6902-0733  FAX 03-6902-0743